ポスコンポスターコンテスト

POSCONコンテスト概要

第6回ポスコン

〜タカハポスターコンテスト〜

モノづくりはできないけどデザインなら得意というあなた!!
タカハ機工が毎年開催するソレノイドを使った発明品コンテスト
「タカハソレノイドコンテスト(ソレコン)」のポスターを
デザインしてみませんか?

応募要項

参加資格

学生さんなら誰でもOK

受付期間

2020年7月1日(水)〜31日(金)

制作方法

手書きまたはパソコン等を使用した作品

応募方法

・メールに必要事項を記載の上、画像を添付して下記の宛先まで応募してください。(4MBまで) 応募アドレスはposcon@takaha.co.jp
・メールの件名は「ポスコン応募」としてください。
・手書きの場合は、写真を撮ってメールに添付してください。
・手書きで採用された作品は改めてデジタル化しポスターサイズに印刷します。

必要事項

『氏名(フリガナ)』『学校名』『学年』
『住所(学校ではなく個人のご住所を記載してください)』
『電話番号』『メールアドレス』『コメント』
※賞金・参加賞の受取可能なご住所をご記入ください。

作品の条件

1、作品は自作未発表のものに限ります
2、ポスターの規格:A2判(縦長)[縦594㎜×横420㎜]
3、1人1作品に限ります

記載される事項
・タイトル「ソレコン」と「第8回タカハソレノイドコンテスト」
・ポスターに必ず明記してほしい文言はこちら
・ソレノイドの画像またはイラストサンプル画像はこちら
審査員長
土佐信道氏
(明和電機 代表取締役社長)
1993年にアートユニット「明和電機」を結成。
ユニット名は彼らの父親が過去に 経営していた会社名からとったもの。


特別審査員
見ル野栄司氏
(株式会社ミルノプロ 代表取締役)
「シブすぎ技術に男泣き!」「ロッカク」 「敏腕編集!インコさん」など著書多数。

賞金

大賞1作品(賞金5万円)
特別賞不定数作品(賞金2万円)

審査員

審査員長 土佐信道氏(明和電機 代表取締役社長)
特別審査員 見ル野栄司氏(理工系漫画家 株式会社 ミルノプロ 代表取締役)
審査員 タカハ機工 社内審査員

結果発表

2020年8月中旬ホームページにて発表

お問い合わせ

茶園まで メールはこちら

  • <審査員長プロフィール>
    土佐信道氏(明和電機 代表取締役社長)

    1993年にアートユニット「明和電機」を結成。ユニット名は彼らの父親が過去に経営していた会社名からとったもの。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、さまざまなナンセンスマシーンを開発。プロモーション活動は既成の芸術の枠に捉われることなく多岐にわたり、国内だけではなくヨーロッパ、アジア、アメリカなど海外でも広く展開。

  • <特別審査員プロフィール>
    見ル野栄司氏(株式会社 ミルノプロ 代表取締役)

    半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に10年勤務した後、2000年『月刊IKKI』掲載の「東京ソレノイド」で漫画家デビュー。ビッグコミックスピリッツ、ヤングジャンプ、週刊ポストなどで連載。日本の技術を支える職人や最先端テクノロジーを題材にした技術系マンガが大人気。主な作品に「シブすぎ技術に男泣き」「敏腕編集!インコさん」「東京フローチャート」「鳥男(シリーズ)」などがある。現在、週刊プレイボーイにて「秘密組織プレイメーソン」を連載中。